月次決算の例(製造業)

製造業の月次決算の例を示します。表示する項目はこの通りでなくてもよく、目的に合わせて決めます。毎月の売上高、売上総利益、営業利益は、必須項目と言えるでしょう。重要なことは、当月の「入(売上)」と「出(費用)」を対応させることです。財務会計では、製造原価の発生と売上の計上が時間的にずれるのが一般的ですが、月次決算で利益を把握するためには、概算でも良いので、当月の「入」に対する「出」を数量的に対応させる必要があります。また、販売・管理費は全項目の数値を正確に把握する必要はなく、過去の実績から予測値を示し、とくに重要な項目(この例では広告宣伝費と荷造運賃)だけを詳しく把握します。

月次決算書の例1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>